• TOP
  • 連載コラム
  • 高級時計を巡る旅 第45回:ウブロ「クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー」の気品

Column UP DATE: 2020. 11. 25

連載 高級時計を巡る旅

第45回:ウブロ「クラシック・フュージョン
40th アニバーサリー」の気品

#ウブロ #クラシック・フュージョン #アエロ・フュージョン #オーリンスキー #クロノグラフ

 シンプルでエレガントな佇まいから多くのファンを獲得し、
「ビッグ・バン」や「スピリット オブ ビッグ・バン」とともに
HUBLOT(ウブロ)のコレクションの一翼を担っている「クラシック・フュージョン」。
その源流は、ラグジュアリーウォッチの常識を打ち破り、
ウブロのクリエイティビティの礎となったことで知られる「クラシック」だ。
2020年は同モデルの誕生から40年。
その節目を祝して発売される「クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー」は、
ウブロの絶えない革新性を体現するタイムピースとして、YOSHIDA(ヨシダ)も注目している。

Photos: Masahiro Okamura(CROSSOVER) / Art Direction: Takaaki Yagi(FORM::PROCESS) / Text: Yuzo Takeishi / Edit: Tsuneyuki Tokano
※こちらの特集は、時計専門サイト「Gressive(グレッシブ)」での連載コラム『YOSHIDAで体験する、高級時計への旅』の記事を再編集したものです。

ウブロの時計製造の
原点となった「クラシック」

 1980年、イタリア人のカルロ・クロッコによってスイスのニヨンで創業したウブロは同年、早くもファーストモデルを発表する。ブランド名である“舷窓(=HUBLOT)”をモチーフとしたそのモデルこそが「クラシック」。ベゼルにビスを打ち込んだ意匠も珍しいものではあったが、何より衝撃を与えたのが、ゴールドやステンレススチール製のケースにラバーストラップを組み合わせたことだ。というのも、当時の高級時計は金属製のブレスレットかレザーストラップを組み合わせるのが主流。当然、業界では異端扱いされるが、やがてラバーストラップを用いるスタイルが定着していったことを考えると、ウブロの功績は非常に大きなものであったと言えるだろう。

 既成概念を打ち破ったこのクリエイティビティは、ラグジュアリーウォッチのスタイルを大きく変えたばかりか、CEOがジャン-クロード・ビバー氏(現会長)に交代した後のウブロにも大きな影響を与えた。2005年以来、ブランドが掲げている“The Art of Fusion(異なる素材やアイデアの融合)”というコンセプトは、まさにこのクリエイティビティを象徴するもの。だからこそ「ビッグ・バン」や「クラシック・フュージョン」をはじめとする傑作が、ウブロから誕生していったわけだ。

 2020年は、ウブロの創業40周年であり、同時にその原点となる「クラシック」が誕生してから40年の年で、これを記念したアイコニックなモデルが発売された。それが「クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー」だ。

クラシック・フュージョン
40th アニバーサリー チタニウム

ベゼルとケース素材にチタニウムを採用。サテンとポリッシュ仕上げを組み合わせてエレガントな雰囲気に。

■511.NX.1270.RX.MDM40 ■45mm ■チタニウムケース ■ブラックラバーストラップ ■HUB1112自動巻き ■5気圧(50m)防水 ■世界限定200本 ■¥979,000(税込)

商品詳細はこちら

モダンピースへと進化を
遂げた限定モデル
「クラシック・フュージョン
40th アニバーサリー」

 「クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー」のデザインは現行の「クラシック・フュージョン」とは異なり、ダイアル12時位置のロゴが大きく存在感のあるものになっている。それは記念モデルにふさわしく1980年の「クラシック」を踏襲したデザインなのだが、実は“復刻”モデルではない。ウブロの現CEOリカルド・グアダルーペが「オリジナルの『クラシック』を単に復刻するのではなく、今日のウブロを反映するように“再解釈”した」と語っているとおり、まさに「クラシック」を現代にアップデートした内容になっているのだ。

 オリジナルの「クラシック」はクォーツだったが、この「クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー」では自動巻きムーブメントを搭載。ダイアルはブラックラッカーによって仕上げられており、そのなかでロジウムまたはゴールドのロゴがしっかりと主張する、現代的な美しさを携えたデザインになっている。

HUBLOT ウブロ クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー チタニウム 511.NX.1270.RX.MDM40 ダイアルの12時位置には、ポリッシュ仕上げが施された
ロジウムプレートのブランドロゴをレイアウト。
HUBLOT ウブロ クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー チタニウム 511.NX.1270.RX.MDM40

ケースバックはシースルー仕様で、自動巻き
キャリバーHUB1112の精緻な動きを眺められる。

  • HUBLOT ウブロ クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー イエローゴールド 511.VX.1280.RX.MDM40
  • HUBLOT ウブロ クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー イエローゴールド 511.VX.1280.RX.MDM40
  • HUBLOT ウブロ クラシック・フュージョン 40th アニバーサリー イエローゴールド 511.VX.1280.RX.MDM40

クラシック・フュージョン
40th アニバーサリー イエローゴールド
ベゼルとケースの素材は18Kイエローゴールド。
ブラックラッカーダイアルやブラックラバーストラップとのコンビネーションによって、
ゴールドの美しさが際立っている。

■511.VX.1280.RX.MDM40 ■45mm ■18Kイエローゴールドケース ■ブラックラバーストラップ
■HUB1112自動巻き ■5気圧(50m)防水 ■世界限定100本 ■¥2,937,000(税込)

商品詳細はこちら

クラシック・フュージョン
40th アニバーサリー ブラックセラミック

ベゼルとケースにブラックセラミックを用いたことで、オールブラックの精悍なルックスに。ベゼルに施されたビスとダイアルのロゴと針がアクセントに。

■511.CX.1270.RX.MDM40 ■45mm ■ブラックセラミックケース ■ブラックラバーストラップ ■HUB1112自動巻き ■5気圧(50m)防水 ■世界限定200本 ■¥1,221,000(税込)

商品詳細はこちら

Recommend Item

傑出したクリエイティビティを
堪能できる
ウブロの
タイムピース4選

アエロ・フュージョン クロノグラフ
オーリンスキー レッドマジック

アーティスト、リチャード・オーリンスキーとのコラボモデル。彼の作品にも見られる独創的なファセットカットと、レッドセラミックの艶やかな表情が圧倒的なインパクトを放っている。

■525.CF.0130.RX.ORL19 ■45mm ■レッドセラミックケース ■レッドラバーストラップ ■HUB1155自動巻きスケルトンクロノグラフ ■5気圧(50m)防水 ■世界限定200本 ■¥2,816,000(税込)

商品詳細はこちら

クラシック・フュージョン
オーリンスキー チタニウム

チタニウムケースと、ブラックのダイアル&ラバーストラップというモノトーンでまとめつつも、オーリンスキーならではのファセット加工により存在感たっぷりのルックスに。

■550.NS.1800.RX.ORL19 ■40mm ■チタニウムケース ■ブラックラバーストラップ ■HUB1100自動巻き ■5気圧(50m)防水 ■¥1,342,000(税込)

商品詳細はこちら

クラシック・フュージョン トゥールビヨン
5 デイ パワーリザーブ オーリンスキー
キングゴールド

オーリンスキーがデザインしたケースにトゥールビヨンを融合。ケース素材には18Kキングゴールドを採用し、エレガントな雰囲気にまとめている。

■505.OX.1180.RX.ORL19 ■45mm ■18Kキングゴールドケース ■ブラックラバーストラップ ■HUB6021手巻きスケルトントゥールビヨン ■3気圧(30m)防水 ■世界限定30本 ■¥11,649,000(税込)

商品詳細はこちら

クラシック・フュージョン
フェラーリ GT 3Dカーボン

2011年より続くフェラーリとのパートナーシップによって製作されたモデル。ケースにはモータースポーツでお馴染みのカーボンファイバーを採用し、レーシーな雰囲気を高めている。

■526.QB.0124.VR ■45mm ■3Dカーボンファイバーケース ■スケドーニレザー×ブラックラバーストラップ ■HUB1281自動巻きクロノグラフ(自社開発・製造“UNICO”) ■10気圧(100m)防水 ■世界限定500本 ■¥3,179,000(税込)

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:00~20:00
休業日/年中無休(1月1日~1月3日を除く)

Back Number

バックナンバー