• TOP
  • 連載コラム
  • パテック フィリップへの誘い 第25回:「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」の系譜

Column UP DATE: 2020. 10. 30

連載 パテック フィリップへの誘い

第25回:「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」の系譜

#パテック フィリップ #トラベルタイム #カラトラバ #レディス #パイロットウォッチ

 180年以上の歴史を持つ、世界最高峰の時計メーカーPatek Philippe(パテック フィリップ)。
 その正規販売店であり、世界を代表する時計店 YOSHIDA(ヨシダ)が、
さまざまな角度からパテック フィリップという至高のマニュファクチュールの魅力を紐解いていく本連載。
 第25回は、新作が発表された「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」のコレクションについて、実力を検証します。

 
  

パテック フィリップによる
アヴィエーター・スタイルの
再解釈

 
 
 

 幅広いジャンルを網羅するパテック フィリップの腕時計の中でも特異な存在感を放つ「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」。

 2015年当時、一目見るだけではパテック フィリップの時計だと判断することが難しいRef.5524の登場は、世界中の時計業界関係者に大きなインパクトを与えました。

 パテック フィリップの歴史を遡ると、Ref.5524のデザインが突発的なアイデアから生まれたものではないことが分かります。

 その源流となるのが、パテック フィリップ・ミュージアムに展示されている1936年製の2本の大型時角時計(サイドロメーター)です。当時のパイロットは、恒星を観測し、時角時計を用いることで現在位置を計測していました。これらの腕時計が持つ特殊機能を司るディテールの数々は、デザインとしても大変見応えがあります。

 
1936年製の大型時角時計
P0844(左)、P1655(右)。

 Ref.5524の溢れんばかりの個性は、かつての時角時計が備えていた最高の視認性、ユニークな意匠を継承しながら、現代的な機構を備えることではじめて成り立つものです。

 このようなアヴィエーター・スタイルの再解釈から生まれた「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」は、同社が掲げる“有用なコンプリケーション”を担うコレクションとして大変人気を集めています。

 出発地と現地の時刻と昼夜、さらには現地の日付を表示するデュアル・タイムゾーン機構は、2つのプッシュボタンの操作によって、現地時刻表示用の時針を1時間単位で前進・後退させることができます。

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム

記念すべきファーストモデル、Ref.5524のホワイトゴールド・バージョン。完成度の高いデザインは「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」のファミリーに属するあらゆるモデルに受け継がれています。

■Ref.5524 ■42mm ■18Kホワイトゴールドケース ■カーフストラップ ■自動巻き(Cal.324 S C FUS)■60m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

レギュラーコレクション
として
登場した
2つのローズゴールドモデル

 2017年にニューヨークで行われた「ウォッチアート・グランド・エグジビション」のために製作された限定モデルRef.5522Aを皮切りに、翌2018年には、初のローズゴールド使用したRef.5524とRef.7234、ユニークピースのRef.5524Tが、「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」のコレクションに仲間入りを果たします。

 上記のモデルのうち、ここで取り上げるのは、Ref.5524、Ref.7234の2本です。温かみが感じられるローズゴールドのケースとブラック・グラデーションを施したブラウン・ソレイユ文字盤の組み合わせは、「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」が持つヴィンテージ感をより一層強めています。

  • Patek Philippe パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.5524
  • Patek Philippe パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.5524
  • Patek Philippe パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.5524

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.5524のローズゴールドバージョン。
前作と同一のデザイン、サイズ、スペックでありながら、素材や外装の仕上げでまったく異なる印象に仕上げています。

■Ref.5524 ■42mm ■18Kローズゴールドケース ■カーフストラップ
■自動巻き(Cal.324 S C FUS)■60m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

 
  

 2018年に初登場したRef.7234は、Ref.5524のデザインをそのままに、37.5mm径までサイズダウンに成功した意欲作。女性のみならず、男性も着用できる“ミディアム・サイズ”の提案は、発表されると同時に大きな話題を集めました。

 

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム

パテック フィリップのみならず、あらゆる時計ブランドを見渡しても極めて稀な小径のアヴィエーター・スタイルを提案。

■Ref.7234 ■37.5mm ■18Kローズゴールドケース ■カーフストラップ ■自動巻き(Cal.324 S C FUS)■60m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

常識の枠にとどまらない
チャイム機構を備えた
パイロットウォッチ

 2019年には、複雑機構の頂点を極めるグランド・コンプリケーションにて、「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」の派生モデルが登場しました。

 Ref.5520Pは、新しいムーブメントCal.AL 30-660 S C FUSを搭載することで、デュアル・タイムゾーンの機能に加え、15分刻みのデジタル・アラームを表示を備えた画期的なモデルです。

 これまでのモデルと同様、操作性にも優れており、右側のプッシュボタンでアラームの設定、左側のプッシュボタンで現地の時刻の調整を瞬時に行えます。

 外装へのこだわりも一級だと言え、艶感のあるエボニーブラック・ソレイユ文字盤、重厚感に溢れたプラチナケースなどは最上級モデルにふさわしい仕様であり、Ref.5520Pを唯一無二のアヴィエーター・スタイルへと導いています。

アラーム・トラベルタイム

アラーム機能を備えることでグランド・コンプリケーションとしての存在感を提示したモデル。ブランド史上初の防水ケースを備えたチャイムウォッチであることも特筆すべき点として挙がります。

■Ref.5520P ■42.2mm ■プラチナケース ■カーフストラップ ■自動巻き(Cal.AL 30-660 S C FUS)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

男女ともに着用できる
Ref.7234の最新作

 2020年の新作として登場したRef.7234のホワイトゴールドバージョンは、文字盤やストラップに深みのあるブルーを起用することで「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」のスタイルに新たな息吹を与えた注目のモデルです。

 Ref.7234特有の37.5mm径の“ミディアム・サイズ”によるアヴィエーター・スタイルは、高級時計の世界に浸透しつつある「小径モデルの提案」に通じる魅力があります。

 伝統を重んじつつも、時代と寄り添うことを忘れないパテック フィリップの真髄が宿る1本は、 ライフスタイルを充実させるためのパートナーとして適任だと言えるでしょう。

  • Patek Philippe パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.7234
  • Patek Philippe パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.7234
  • Patek Philippe パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.7234

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム どんな手首にもフィットするミディアム・サイズの可能性を広げたブルートーンの提案。
付属するヴィンテージ・ブラウンのストラップに付け替えることで異なる表情が楽しめます。

■Ref.7234 ■37.5mm ■18Kホワイトゴールドケース ■カーフストラップ
■自動巻き(Cal.324 S C FUS)■60m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:00~20:00
休業日/年中無休(1月1日~1月3日を除く)

Back Number

バックナンバー