• TOP
  • 連載コラム
  • パテック フィリップへの誘い 第34回:カレンダーウォッチの新境地を切り開く2021年新作

Column UP DATE: 2021. 07. 30

連載 パテック フィリップへの誘い

第34回:カレンダーウォッチの新境地を切り開く2021年新作

#パテック フィリップ #永久カレンダー #年次カレンダー

 180年以上の歴史を持つ、世界最高峰の時計メーカーPatek Philippe(パテック フィリップ)。
 その正規販売店であり、世界を代表する時計店 YOSHIDA(ヨシダ)が、
さまざまな角度からパテック フィリップという至高のマニュファクチュールの魅力を紐解いていく本連載。
 第34回は、2021年の新作から2つのカレンダーウォッチを紹介します。

CASE.1 Ref.5236P新しい扉を開く
「インライン表示
永久カレンダー」

 パテック フィリップが擁するグランド・コンプリケーションの多彩なラインナップにおいて、「永久カレンダー」は非常に重要な役割を担う重要なコレクション。

 その歴史は古く、1889年の懐中時計用永久カレンダーの特許取得、腕時計では史上初となる永久カレンダー搭載モデルを1925年に発表した例のほか、これまで数多くの実績があります。

 2021年の新作Ref.5236Pは、12時位置の大型表示窓に合計4枚の回転ディスクによる、曜日、日付、月を表示する独自の機能を備えています。このようなインライン表示カレンダーは過去にも実例があり、パテック フィリップは1972年にアメリカの市場向けに懐中時計で製作しています。

モダンに洗練されたRef.5236Pのダイヤルデザイン。

 今回、腕時計でのインライン表示カレンダーを実現するために、パテック フィリップは2枚の日付表示ディスク(ひとつは10の位、もうひとつは1の位の数字を表示)を備えたシステムを新たに開発。これにより単一の日付表示ディスクよりも大きく数字を表示するカレンダー表示を腕時計に搭載することを可能にしたのです。

Ref.5236Pのウォッチメイキングの要である
12時位置のインライン表示カレンダー。


2つの小さな丸型表示窓は、
4時位置は閏年サイクル、8時位置は昼夜を表示。
2つの小さな丸型表示窓は、
4時位置は閏年サイクル、8時位置は昼夜を表示。

 Ref.5236Pに搭載された新型の自動巻きムーブメントCal.31-260 PS QLは、2011年にレギュレータータイプ「年次カレンダー」であるRef.5235/50のために作られたCal.31-260 REG QAをベースに、上記のインライン表示カレンダーのシステムに加え、プラチナ製のマイクロローターと6時位置にムーンフェイズを備えています。ベースムーブメントの厚みを変えずにエネルギー効率を向上させたことも特筆すべき点として挙がります。

3件の特許を出願中の超薄型の自動巻きムーブメント
Cal.31-260 PS QL。
巻き上げ効率の向上のために取り入れられた
プラチナ製の偏心マイクロローター。

 これらの創意工夫によってRef.5236Pは、最高の視認性、最小限のエネルギー消費、完璧な信頼性を実現し、永久カレンダー搭載モデルの次世代を担うポジションを獲得しています。


インライン表示永久カレンダー

ブラック・グラデーションのブルー文字盤とプラチナケースによる外装は究極の複雑機構にふさわしい輝きを放つ。

■Ref.5236P ■41.3mm ■プラチナケース ■アリゲーターストラップ ■自動巻き(Cal.31‑260 PS QL)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら


プラチナケースであることを証明する、
ケース側面の6時位置にダイヤモンドをセッティング。

CASE.2 Ref.4947/1A「年次カレンダー」初の
ステンレス製モデル

 1996年に誕生した「年次カレンダー」は、一般的なカレンダー機構と永久カレンダー表示の長所を複合させることを目的とし、1年に一度、3月初めに調整を行うことで日付、曜日、月名の表示を可能にしたパテック フィリップ屈指の“有用的なコンプリケーション”として知られています。

 多彩なバリエーションが揃う「年次カレンダー」の新たな仲間として加わったRef.4947/1Aは、シリーズ初となるステンレススチールを採用したブレスレット仕様のモデルです。

 38mm径のケースはポリッシュ仕上げの美しさが際立ち、「山東絹仕上げ」と呼ばれる縦横サテン仕上げのミッドナイトブルー文字盤との組み合わせが瑞々しいフェミニンな印象を与えます。


コンパクトなサイズ感と
ステンレススチール&ブレスレットに注目。
コンパクトなサイズ感と
ステンレススチール&ブレスレットに注目。

 読み取りやすい時刻の表示は、ホワイトゴールドの植字アラビア数字、夜光付アワー・カボション、夜光付リーフ型時・分針により表示。方、カレンダーとしての機能は、曜日は9~10時位置、月は2~3時位置の2つのサブダイヤル、日付は6時位置の窓表示、さらにムーンフェイズ表示が備わっています。

絹のような質感を再現した
非常にきめ細かい文字盤の仕上げ。

 特許取得のバックルを備えた全面ポリッシュ仕上げの5列リンクの新型ブレスレットは、パテック フィリップならではの妥協のないこだわりが凝縮されています。



ステンレスが持つ可能性を引き上げる
ポリッシュ仕上げ。
ステンレスが持つ可能性を引き上げる
ポリッシュ仕上げ。

 「年次カレンダー」らしい実用的なコンプリケーテッド・ウォッチRef.4947/1Aは、程よいサイズ感ゆえ、男女ともに着用できることも大きな魅力だと言えます。

年次カレンダー 完璧な姿のブレスレット然り、「年次カレンダー」にふさわしい実用性にこだわったスタイリングが光る。

■Ref.4947/1A ■38mm ■ステンレススチールケース&ブレスレット
■自動巻き(Cal.324 S QA LU)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:00~20:00
休業日/年中無休(1月1日~1月3日を除く)

Back Number

バックナンバー