• TOP
  • 連載コラム
  • 高級時計を巡る旅 第67回:パルミジャーニ・フルリエから生まれた2つのデイリーウォッチ

Column UP DATE: 2021. 10. 28

連載 高級時計を巡る旅

第67回:パルミジャーニ・フルリエから生まれた
2つのデイリーウォッチ

#パルミジャーニ・フルリエ #クロノグラフ #トンダ GT #トンダグラフ GT

 「神の手」と称された天才時計師、ミシェル・パルミジャーニ氏率いる
パルミジャーニ・フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER)は、
彼が時計修復師として積み上げてきた審美眼と技巧を、
美しいデザインと仕上げ、 複雑なメカニズムで表現する通好みのブランドだ。
 これまではドレスウォッチを得意としてきたが、
2020年にラグジュアリーなスポーツウォッチとして「トンダ GT」と「トンダグラフ GT」がデビュー。
 今回はその魅力を語るとともに2021年の新作を紹介する。

Photos: Masahiro Okamura(CROSSOVER) / Art Direction: Takaaki Yagi(FORM::PROCESS) / Text: Tetsuo Shinoda / Edit: Tsuneyuki Tokano
※こちらの特集は、時計専門サイト「Gressive(グレッシブ)」での連載コラム『YOSHIDAで体験する、高級時計への旅』の記事を再編集したものです。

匠の技が行き届いた
ラグジュアリーな
デイリーウォッチ

 まずはパルミジャーニ・フルリエとはどういうブランドなのかを解説しよう。時計学校を卒業したミシェル・パルミジャーニ氏は1976年に時計修復工房を開き、時計ブランドやアンティークのヒストリカルピースの修復を行うようになる。そして80年からは、「サンド・ファミリー財団」が所有する希少なコレクションの修復と管理も任されるようになる。こうして知識と経験を積んだミシェル・パルミジャーニは、サンド・ファミリー財団のサポートを受けて、96年に時計ブランドを立ち上げた。それが自身の誕生の地域にあるフルリエの名を加えたパルミジャーニ・フルリエである。

 パルミジャーニ・フルリエは、ミシェルの知識と経験をバックボーンにした時計を作っており、ムーブメント製造会社の「ヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ」や高級ダイヤル会社「カドランス・エ・アビヤージュ」などを傘下に収めることで、ハイレベルな時計を作っている。一部の機構やデザインは、過去の希少な時計たちをアイデアソースにしており、その完成度の高さから、目の肥えた時計愛好家を中心に支持されている。

 ドレッシーな時計を得意としてきたパルミジャーニ・フルリエだったが、2020年にラグジュアリーなデイリーウォッチとして3針の「トンダ GT」とクロノグラフの「トンダグラフ GT」を限定発売し、21年からレギュラーモデル化させている。

 ラグジュアリースポーツウォッチは、時計業界全体を巻き込んだブームになっており、それまでドレッシーな時計ばかりを作っていた高級ブランドであっても無視できないレベルにある。パルミジャーニ・フルリエの場合は、ブランド設立20周年記念として2016年に発表された「トンダ クロノール アニヴェルセール」が大きな転換期となった。

 このモデルにてパルミジャーニ・フルリエは、念願だった一体型のクロノグラフムーブメントの開発を成功させた。時計自体はレザーストラップのドレッシーなデザインだったが、権威あるジュネーブウォッチグランプリのクロノグラフ部門を獲得するなど成功によってスポーティな時計の開発に弾みがついたのは間違いない。

 「トンダ GT」と「トンダグラフ GT」は、デイリーユースが可能なスポーツウォッチだが、パルミジャーニ・フルリエらしい丁寧な仕事も楽しめる。特にダイヤルに入った精密な“クル・トリアンギュレール”のギョーシェ彫りは必見である。

 2021年の新作の中で、特に注目モデルなのがシルバー/ブラックのバイカラーダイヤルの「トンダグラフ GT」で、ステンレススチールモデルと、ローズゴールドモデルがある。一見すると、この2モデルは非常に似ているが、それぞれ仕様が異なっている。

 ステンレススチールの「トンダグラフ GT」は、9時位置に30分の積算計があり、6時位置が12時間の積算計。そして3時位置は扇形表示のスモールセコンドで、その下に小さな月表示が収まる。クロノグラフの他にアニュアルカレンダーも組み込まれている。


  • parmigiani fleurier パルミジャーニ・フルリエ トンダグラフ GT PFC906-0000140-B00182
  • parmigiani fleurier パルミジャーニ・フルリエ トンダグラフ GT PFC906-0000140-B00182
  • parmigiani fleurier パルミジャーニ・フルリエ トンダグラフ GT PFC906-0000140-B00182
  • parmigiani fleurier パルミジャーニ・フルリエ トンダグラフ GT PFC906-0000140-B00182

トンダグラフ GT 高級感のあるメタルブレスレット仕様。

■PFC906-0000140-B00182 ■42mm ■ステンレススチールケース&ブレスレット
■自動巻き ■100m防水 ■¥2,475,000(税込)

商品詳細はこちら

トンダグラフ GT

スマートカジュアルなラバーストラップ。ダイヤルのギョーシェと同じパターンがプリントされている。

■PFC906-0000140-X01482 ■42mm ■ステンレススチールケース ■ラバーストラップ ■自動巻き ■100m防水 ■¥2,343,000(税込)

商品詳細はこちら





 一方、ローズゴールドケースの「トンダグラフ GT」は、自社製ムーブメントの⼀体型クロノグラフ キャリバーPF071を搭載しておりコラムホイールや垂直クラッチなどを使って操作を向上させ、振動数は毎時36,000のハイビートで1/10秒の計測も可能。積算計は3時位置に30分計、9時位置に12時間計が収まり、扇形表示のスモールセコンドは6時位置となっている。




トンダグラフ GT

ローズゴールドの華やかさで、腕元に色気あるポイントを作る。

■PFC903-1500140-B10082 ■42mm ■18Kローズゴールドケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■¥8,294,000(税込)

商品詳細はこちら


トンダグラフ GT

ブラックのラバーストラップが、艶っぽい雰囲気を演出。

■PFC903-1500140-X01482 ■42mm ■18Kローズゴールドケース ■ラバーストラップ ■自動巻き ■100m防水 ■¥5,192,000(税込)

商品詳細はこちら


 どちらもダイヤルには“クル・トリアンギュレール”のギョーシェを施し、ベゼルにはローレット加工が施される。そしてスケルトンのデルタ針がモダンな雰囲気を演出。ケースからブレスレットへと流れるように一体化するデザインのおかげで、腕馴染みも良好だ。

 ラグジュアリースポーツウォッチは、たくさんのバリエーションがある。モダンさとクラシカルな雰囲気を併せ持った個性を楽しみたいなら「トンダグラフ GT」に注目して欲しい。

 

Recommend Item

「トンダグラフGT」の
注目すべき
ラグジュアリー
スポーツウォッチ4選

トンダグラフ GT

ブラックダイヤルの精悍なモデル。カレンダーに関するところだけ赤にしているのも特徴。

■PFC906-0000210-B00182 ■42mm ■ステンレススチールケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■世界限定200本 ■¥2,475,000(税込)

商品詳細はこちら


トンダグラフ GT

ローズゴールド×ブルーダイヤルという華やかなモデル。

■PFC903-1500340-B00782 ■42mm ■18Kローズゴールドケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■世界限定25本 ■¥8,294,000(税込)

商品詳細はこちら


トンダグラフ GT

カジュアルに楽しみたいストラップモデル。

■PFC903-1500340-X03182 ■42mm ■18Kローズゴールドケース ■ラバーストラップ ■自動巻き ■100m防水 ■世界限定25本 ■¥5,192,000(税込)

商品詳細はこちら


トンダグラフ GT

スマートカジュアルなラバーストラップ。ダイヤルのギョーシェと同じパターンがプリントされている。

■PFC906-0000210-X01482 ■42mm ■ステンレススチールケース ■ラバーストラップ ■自動巻き ■100m防水 ■世界限定200本 ■¥2,343,000(税込)

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:00~20:00
休業日/年中無休(1月1日~1月3日を除く)

Back Number

バックナンバー