• TOP
  • 連載コラム
  • 高級時計を巡る旅 第76回:ブルガリのメンズウォッチを支える「オクト」の世界

Column UP DATE: 2022. 03. 29

連載 高級時計を巡る旅

第76回:ブルガリのメンズウォッチを支える「オクト」の世界

#ブルガリ #オクト #オクト フィニッシモ #オクト ローマ #ワールドタイム #永久カレンダー

第76回:ブルガリのメンズウォッチを支える「オクト」の世界 第76回:ブルガリのメンズウォッチを支える「オクト」の世界

 2012年にデビューした「オクト」は、110面もの多面構造からなるファセットカットと
ローマの伝統的な建築物に用いられていた8角形モチーフとしたケースデザインが特徴だった。
この独創的なデザインをベースに“薄型化”したのが、2014年にスタートした「オクト フィニッシモ」、
そして2017年からは柔らかさが加わった「オクト ローマ」がスタート。
現在はこの2シリーズがオクトの世界を作っている。
今回はそれぞれから注目モデルをピックアップし、その魅力に迫りたい。

Photos: Masahiro Okamura(CROSSOVER) / Art Direction: Takaaki Yagi(FORM::PROCESS) / Text: Tetsuo Shinoda / Edit: Tsuneyuki Tokano
※こちらの特集は、時計専門サイト「Gressive(グレッシブ)」での連載コラム『YOSHIDAで体験する、高級時計への旅』の記事を再編集したものです。

薄型ウォッチへの探求は続く
「オクト フィニッシモ
パーペチュアル カレンダー」

 “腕”時計という以上、腕時計のサイズには限界がある。手首の上に収まる大きさのケースに対して、可能な限り複雑な機構を組み込む技術は神業だ。それゆえ超薄型ウォッチは、多くの名門ブランドが手掛ける人気ジャンルとなっている。

 極薄ウォッチは、ドレスシャツの袖口にすっと馴染むエレガント&ドレッシーな時計として作られるが、ブルガリはそれを、立体感のあるケースが持ち味の「オクト」で実現してしまった。

 超薄型モデルの「オクト フィニッシモ」は、2014年に手巻きのフライングトゥールビヨンからスタートした。ムーブメントの厚みは1.95mmで、ケースの厚みは5mmしかない。しかしオクトの特徴であるファセットカットのケースデザインを継承している。つまり薄いだけの時計ではないのだ。

 そしてブルガリは、この「オクト フィニッシモ」をきっかけに、次々と“世界最薄モデル”をリリースしていく。2020年までにその数は6つ。そして2021年に7つ目の世界記録として登場したのが、世界最薄自動巻き式永久カレンダーウォッチである「オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー」だ。

7つの世界記録を樹立した「オクト フィニッシモ」のコレクション。 7つの世界記録を樹立した「オクト フィニッシモ」のコレクション。
7つの世界記録を樹立した「オクト フィニッシモ」のコレクション。 7つの世界記録を樹立した
「オクト フィニッシモ」のコレクション。
世界最薄自動巻き式永久カレンダーウォッチとして発表された「オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー」。 世界最薄自動巻き式永久カレンダーウォッチとして発表された
「オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー」。
マイクロローター式の超薄型の自動巻きムーブメントBVL 305があってこそ、この時計のデザインが成立する。 マイクロローター式の超薄型の自動巻きムーブメント
BVL 305があってこそ、この時計のデザインが成立する。

 408個のパーツを使用していながら、ムーブメントの厚みは2.75mm。そしてケースの厚みは5.8mmしかない。しかもこの極限の薄さでありながら、レトログラード式の日付を12時位置に、そして閏年表示を6時位置に収め、表示をシンメトリーに配置している。薄い時計も高度な機構も作るのは難しい。もちろん美しいデザインも然りだ。しかしブルガリは、その全てを妥協はしない。

 薄型化と立体化という二律背反する個性を見事に両立し、しかもロマンである複雑機構も組み込んだ「オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー」は、機械式時計の一つの究極形なのである。

オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー 複雑機構でありながら、ムーブメントの厚みは2.75mm!
そしてケース厚は5.8mmという世界最薄のパーペチュアルカレンダー。
チタン素材をマット仕上げにした精悍な表情も、時計の迫力を高めている。

■103200 ■40mm ■チタニウムケース&ブレスレット(サンドブラスト加工)
■自動巻き ■30m防水 ■¥8,349,000(税込)

商品詳細はこちら

旅への想いを掻き立てる
「オクト ローマ
ワールドタイマー」

旅への想いを掻き立てる「オクト ローマ ワールドタイマー」 このモデルならではの独自の都市表示に注目したい。
旅への想いを掻き立てる「オクト ローマ ワールドタイマー」 このモデルならではの独自の都市表示に注目したい。

 オクトのファセットカットケースをより優美に進化させたのが、2017年にデビューした「オクト ローマ」だ。旧来のオクトよりもブレスレットの幅が細くなり、八角形ケースのエッジをやや柔らかなカーブにしている。デザインコードは踏襲しつつ、ソフトなニュアンスを加えることでドレッシーな時計に仕上げているのだ。

 この「オクト ローマ ワールドタイマー」は、旅への想いを掻き立てる優雅な旅時計。回転する都市ディスクを設け関係でダイヤルは丸型になったが、8角形ケースとの調和がとれている。

 数字ディスクは時針に合わせて24時間で一周し、都市ディスクを組み合わせることで世界中の時刻を知らせる。この機構はリュウズのみで操作できるため、ブルガリがこだわった優美なフォルムも健在だ。ちなみに通常なら“PARIS”となっているGMT+1の都市表示は、もちろん“ROMA”となっている。

 まだ自由に世界を旅することは難しい。だからこそこの時計を眺めながら、そろそろハワイはサンセットの時間だなとか、ローマのコロッセオに人が集まるころだなと、想像上の旅に出かけよう。そしてコロナ禍があけたら、この時計と共に旅に出掛けるのだ。ケースはステンレススチール製で防水性能は100m。大都市でぶらぶらと街歩きもいいし、ビーチリゾートに似合う。もちろん星付きのレストランでのディナーにも映える。そんな世界規模のオールマイティウォッチである。

オクト ローマ ワールドタイマー

ブルーダイヤルで洗練された雰囲気を演出。ドレスアップの腕元にも似合うワールドタイムウォッチ。

■103481 ■41mm ■ステンレススチールケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■¥1,067,000(税込)

商品詳細はこちら

オクト ローマ ワールドタイマー

ブラックDLC加工を施し、精悍なルックスに。カジュアルスタイルに似合うワールドタイムウォッチだ。

■103486 ■41mm ■ステンレススチールケース(ブラックDLC加工) ■ラバーストラップ ■自動巻き ■100m防水 ■¥1,067,000(税込)

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:00~20:00
休業日/年中無休(1月1日~1月3日を除く)

Back Number

バックナンバー