• TOP
  • 連載コラム
  • パテック フィリップへの誘い 第41回:いま注目すべき、腕時計とジュエリーについて

Column UP DATE: 2022. 02. 28

連載 パテック フィリップへの誘い

第41回:いま注目すべき、腕時計とジュエリーについて

#パテック フィリップ #カラトラバ #Twenty~4 #年次カレンダー #トラベルタイム #ワールドタイム #クロノグラフ #リング #イヤリング #カフリンクス #レディス

第41回:いま注目すべき、腕時計とジュエリーについて 第41回:いま注目すべき、腕時計とジュエリーについて

 180年以上の歴史を持つ、世界最高峰の時計メーカーPatek Philippe(パテック フィリップ)。
 その正規販売店であり、長年の販売実績を持つ東京・渋谷区幡ヶ谷の老舗時計店 YOSHIDA(ヨシダ)が、
さまざまな角度からパテック フィリップという至高のマニュファクチュールの魅力を紐解いていく本連載。
 第41回は、メンズ&レディスの腕時計からギフトシーズン向けのジュエリーまで注目のアイテムを紹介します。

PART.1 
Ref.5396 &
Ref.7234
改めて注目すべき
小径モデル

 メンズウォッチでの小径サイズの流行に伴って、40mm径以下の時計のセールスが好調だと耳にします。パテック フィリップを例にとってみましょう。

 豊富なバリエーションがある「年次カレンダー」のコレクションの中でも、カラトラバ・スタイルを継承するRef.5396は最もドレッシーな1本だと言えます。38.5mm径、厚さ11.2mmの大きすぎず小さすぎないサイズ感は、フォーマルからカジュアルまで幅広いスタイルに対応する汎用性を約束します。

年次カレンダー

■Ref.5396 ■38.5mm ■18Kローズゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■自動巻き(Cal.324 S QA LU 24H/303)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

 Ref.5396と対象的な魅力を持つ小径モデルとして注目すべきは、男女問わず着用できる37.5mm径のミディアム・サイズの提案を披露した「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」のRef.7234でしょう。ネイビーブルーを基調にした18Kホワイトゴールド製のモデルは腕元に個性を演出するにもうってつけのアイテムだと言えます。

  • Patek Philippe パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.7234
  • Patek Philippe パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.7234
  • Patek Philippe パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.7234

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム ■Ref.7234 ■37.5mm ■18Kホワイトゴールドケース ■カーフスキンストラップ
■自動巻き(Cal.324 S C FUS)■60m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

PART.2 
Ref.4910/1201 &
Ref.7300/1200
日常に馴染む
ゴールドウォッチ

  「カジュアルにもフォーマルにも完璧にマッチする、新しいレディスウォッチ」という独自のコンセプトを完璧に満たす、パテック フィリップの定番コレクションとして人気を集める「Twenty~4®」。

 汎用性に優れたステンレススチール製のモデルも魅力的ですが、ここでは18Kローズゴールドウォッチを紹介します。

 こちらの2本はいずれも2021年に発表されたモデルです。それぞれ18Kローズゴールドの色調に合うダイヤルカラーを選ぶことで落ち着いた印象に仕上げています。そのため、愛用のジュエリーと同じような感覚で楽しむことができるのです。

Twenty~4

■Ref.4910/1201 ■25.1×30mm ■ダイヤ付き18Kローズゴールドケース&ブレスレット(約0.57カラット)■クオーツ(Cal.E 15)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

Twenty~4 オートマチック

■Ref.7300/1200 ■36mm ■ダイヤ付き18Kローズゴールドケース&ブレスレット(約0.77カラット)■自動巻き(Cal.324 S C)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

PART.3 
Ref.7130 &
Ref.7150/250
女性のための
コンプリケーション

 パテック フィリップは、1868年にハンガリーのコスコビッチ伯爵夫人のためにスイス初の腕時計を製作した実績があり、この分野においてもパイオニア的存在であることを疑う余地はありません。

 1916年には、プラチナケースにチェーンブレスレットを取り付けた5分リピーターを手掛け、このユニークピースはパテック フィリップ初のチャイム機構を備えた腕時計でもありました。これを皮切りに記念碑的なコンプリケーテッド・ウォッチが次々と誕生していきます。

 現行コレクションでは、レディスウォッチでは極めて稀だと思われるワールドタイム機能を備えたRef.7130、合計約0.99カラットのダイヤモンドやギヨシェ装飾が施されたプッシュボタンによる手巻き式クロノグラフ Ref.7150/250など、パテック フィリップらしい優雅なモデルが揃います。

  • Patek Philippe パテック フィリップ ワールドタイム Ref.7130
  • Patek Philippe パテック フィリップ ワールドタイム Ref.7130
  • Patek Philippe パテック フィリップ ワールドタイム Ref.7130

ワールドタイム ■Ref.7130 ■36mm ■ダイヤ付き18Kローズゴールドケース(ベゼルとピンバックルを含め、約1.06カラット)
■アリゲーターストラップ ■自動巻き(Cal.240 HU)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

ワールドタイム

■Ref.7130 ■36mm ■ダイヤ付き18Kホワイトゴールドケース(ベゼルとピンバックルを含め、約1.06カラット)■アリゲーターストラップ ■自動巻き(Cal.240 HU)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

クロノグラフ

■Ref.7150/250 ■38mm ■ダイヤ付き18Kローズゴールドケース(ベゼルとピンバックルを含め、約0.99カラット)■アリゲーターストラップ ■手巻き(Cal.CH 29-535 PS)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

PART.4タイムピースと共鳴する
ジュエリーライン

 パテック フィリップにエクスクルーシブなジュエリーの展開があることをご存知でしょうか?メンズのカフリンクス、レディスではイヤリングとリングの用意があり、ブランドを代表するタイムピースをなぞることで生まれる独創的なデザインはユーモアに溢れています。

 細部のディテールや仕上げへのこだわりについても時計と一切変わりなく、地金には3種類の18Kゴールドを用いて、ダイヤモンドやオニキスなどの貴石とセッティングすることで、一貫性のある高品質なアクセサリーを手掛けています。

ノーチラス・カフリンクス

■Ref.205.9057 ■18Kホワイトゴールド ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

カラトラバ・カフリンクス

■Ref.205.9089 ■18Kイエローゴールド ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

Twenty~4 イヤリング

■Ref.287.9748/1 ■ダイヤ付き18Kホワイトゴールド(約0.46カラット)■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

Twenty~4 イヤリング

■Ref.287.9748/1 ■ダイヤ付き18Kローズゴールド(約0.46カラット)■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

カラトラバ・リング

■Ref.275.6/1A ■ダイヤ付き18Kホワイトゴールド(約0.22カラット)■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

Twenty~4 リング

■Ref.275.9748/1 ■ダイヤ付き18Kローズゴールド(約0.47カラット)■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:00~20:00
休業日/年中無休(1月1日~1月3日を除く)

Back Number

バックナンバー