• TOP
  • 連載コラム
  • 高級時計を巡る旅 第93回:流行にとらわれない普遍性が宿るブルガリのメンズウォッチ

Column UP DATE: 2022. 11. 29

連載 高級時計を巡る旅

第93回:流行にとらわれない普遍性が宿るブルガリのメンズウォッチ

#ブルガリ #オクト #オクト フィニッシモ #オクト ローマ #ワールドタイム #クロノグラフ

第93回:流行にとらわれない普遍性が宿るブルガリのメンズウォッチ 第93回:流行にとらわれない普遍性が宿るブルガリのメンズウォッチ

 ジュエラーとしての美意識と高度なウォッチメイキング技術によって、
魅力的な時計を作り続けているブルガリ(BVLGARI)。
時計店YOSHIDA(ヨシダ)が注目する6本の注目モデルから
流行にとらわれないブルガリのメンズウォッチの真髄を読み解く。

Photos: Masahiro Okamura(CROSSOVER) / Art Direction: Takaaki Yagi(FORM::PROCESS) / Text: Tetsuo Shinoda / Edit: Tsuneyuki Tokano
※こちらの特集は、時計専門サイト「Gressive(グレッシブ)」での連載コラム『YOSHIDAで体験する、高級時計への旅』の記事を再編集したものです。
※掲載商品の情報及び価格は変更される場合がありますのでご了承ください。

薄さだけではない
「オクト フィニッシモ」

 数々の薄型世界記録を樹立し続けている「オクト フィニッシモ」だが、このコレクションの魅力は“薄いこと”だけではない。

 そもそもなぜ時計ブランドが薄い時計を目指すのかといえば、それは美しくてエレガントな時計を目指すからである。だからブルガリの「オクト フィニッシモ」は、薄いだけでなくそのケースの造形美でも一目置かれている。薄いケースがもたらす緊張感のあるエッジが、心に響くのだ。

 「オクト フィニッシモ S」は、ケースとブレスレットにステンレススチール素材を使用。素材特有の白い輝きに対して、あえてサテン仕上げをすることで反射を押さえ、モノトーンのクールな表情を作り上げた。

 サンドブラスト仕上げのブラックセラミックを使った「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT」は、黒い世界の中であえて輪郭をぼやかすことで、不思議な存在感を作り出す。

 いずれの場合も“薄い”ということばかりに目を向けてはいけない。薄さのその先に、時計の本当の魅力が隠れている。

オクト フィニッシモ S

自動巻き式ながら、ケースの厚みは6.4mmに抑えた。

■103464 ■40mm ■ステンレススチールケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■¥1,815,000(税込)

商品詳細はこちら

  • BVLGARI ブルガリ オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT 103278
  • BVLGARI ブルガリ オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT 103278
  • BVLGARI ブルガリ オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT 103278
  • BVLGARI ブルガリ オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT 103278

オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT ケース厚は7.8㎜。3時位置には24時間式のGMTを備える。

■103278 ■43mm ■セラミックケース&ブレスレット
■自動巻き ■30m防水 ■¥2,904,000(税込)

商品詳細はこちら

造形美を楽しむ
「オクト ローマ」

 ブルガリ発祥の地であるローマは、「永遠の都」と讃えられるだけあって、そこかしこに美が溢れている。古代ローマ時代の荘厳な遺跡や、バチカンの美しい絵画たち、そして豊かな食文化……。その全てが心に沁み込んでくるのだ。

 「オクトローマ」もそういう時計だ。デザインのベースとなるオクタゴン(八角形)は、古代ローマの建築によく用いられていたモチーフであり、「オクト フィニッシモ」よりも、やや柔らかなカーブで仕上げたケースは、どことなく優しい表情を見せる。

 シンプルな「オクト ローマ」は、オンもオフも楽しめる日常使いの時計として、そして「オクト ローマ ワールドタイマー」は優雅な旅を楽しむ特別な時計として使うのが正解だ。ローマの美しい時計には、美しい時が流れている。

オクト ローマ

ブルーダイヤルの凛とした表情にも目を奪われる。

■102856 ■41mm ■ステンレススチールケース&ブレスレット ■自動巻き ■50m防水 ■¥984,500(税込)

商品詳細はこちら

オクト ローマ ワールドタイマー

中央ヨーロッパ時間の代表都市は「ROMA」。このようなディテールへのこだわりも見逃せない。

■103481 ■41mm ■ステンレススチールケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■¥1,243,000(税込)

商品詳細はこちら

新たな一歩を刻んだ
新作ウォッチ

 かつての時計業界は春のフェアで、一年分の新作時計を発表していたが、ここ数年は発売日に近いタイミングで、五月雨式に新作をリリースするようになっている。ブルガリでは2022年の8月末に開催された「ジュネーブ ウォッチ デイズ」というイベントに参加し、今秋の発売となる魅力的なモデルを発表している。

 「オクト フィニッシモ スケルトン エイトデイズ」は、派手さはないものの高度な技術を必要とするロングパワーリザーブ機構を薄型ケースに搭載。ムーブメントを見せるスケルトンダイヤルやピンクゴールドケースも、新たな試みとなっている。さらに近年力を入れているクリエイターとのコラボレーションウォッチにも新作が登場。世界的建築家である妹島和世(SANAA)が手掛けた「オクト フィニッシモ 妹島和世 限定モデル」は、ミラー仕上げのダイヤルの上に、ドットパターンをあしらった風防ガラスを合わせることで、不思議な視覚効果を作り上げる。

 どちらのモデルも、既存の「オクト フィニッシモ」の美しい世界を、さらに魅力的にアップデイトしており、身に着けて楽しい時計となっている。

オクト フィニッシモ スケルトン エイトデイズ

8日間のロングパワーリザーブを誇りつつ、ケースの厚みは5.95mmしかない。

■103667 ■40mm ■18Kピンクゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■手巻き ■30m防水 ■¥5,148,000(税込)

商品詳細はこちら

オクト フィニッシモ 妹島和世 限定モデル

ステンレススチール製のケースやブレスレットはポリッシュ仕上げにしており、まばゆい光で時計を包み込む。

■103710 ■40mm ■ステンレススチールケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■世界限定360本 ■¥1,859,000(税込)

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
SHOP DATA

取り扱い店舗

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目13番5号 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:30~19:30
休業日/年中無休(年末年始を除く)

名古屋 YOSHIDA
住所/愛知県名古屋市中区栄3丁目17番17号 Google Map
電話/052-243-5401 電話/052-243-5401
営業時間/10:30~19:30
休業日/年中無休(年末年始を除く)

Back Number

バックナンバー