• TOP
  • 連載コラム
  • パテック フィリップへの誘い 第18回:ケース素材から読み解く王道のデザイン

Column UP DATE: 2020. 03. 31

連載 パテック フィリップへの誘い

第18回:ケース素材から読み解く王道のデザイン

#パテック フィリップ #永久カレンダー #トラベルタイム #クロノグラフ #カラトラバ #Twenty~4 #ミニッツリピーター #レディス

第18回:ケース素材から読み解く王道のデザイン 第18回:ケース素材から読み解く王道のデザイン

 180年以上の歴史を持つ、世界最高峰の時計メーカーPatek Philippe(パテック フィリップ)。
 その正規販売店であり、世界を代表する時計店 YOSHIDA(ヨシダ)が、
さまざまな角度からパテック フィリップという至高のマニュファクチュールの魅力を紐解いていく本連載。
 第18回は、さまざまなケース素材の紹介を交え、パテック フィリップが貫く王道のデザインの一端について触れていきます。

永遠の輝きを宿す、
パテック フィリップの
ケース素材

 常人の想像を遥かに超える複雑機構の開発と同じように、テクノロジーの進化から外装技術は目まぐるしい発展を遂げ、今まで想像することさえできなかった新素材が次々と登場し、かつてない多様化の時代を迎えています。

 こうした最中、あらゆるシーンでの着用を想定した万能型のスポーツウォッチを通じて、ステンレススチールなどのオーソドックスな素材の魅力を再認識する傾向が見受けられます。

 そこで、今回の特集では、「18Kゴールド」「ステンレススチール」「プラチナ」といったケース素材に着目し、いつの時代も愛され続けるパテック フィリップが体現する“究極のスタイリング”について迫ります。

PART.13種類の18Kゴールドから
自分らしい時計を選ぶ

 太古の昔から人類にとって「富の象徴」である金は、高級時計と切っても切り離せない素材です。金は耐腐食性に優れている一方、軟らかく変形しやすいことから、基本的にジュエリーや時計に用いられるのは硬度を高めた合金であり、金の純度や配合する金属次第で見た目の印象はもちろん、性質が大きく変わります。パテック フィリップの現行コレクションでは、3種類の18Kゴールドをケースに使用しています。

王道を地で行く
イエローゴールドの
ケースデザイン

 18Kイエローゴールドは、懐中時計の時代からパテック フィリップのケースに採用されてきた最もスタンダードな素材であり、クラシカルなスタイルとの親和性は特筆すべきものがあります。

 24金に銀と銅を混ぜることで精製されるイエローゴールドは明度が高く、ありとあらゆるブランドのジュエリーで多用されていることからも分かるように、華やかさを演出するにはうってつけです。コントラストを抑えた色みの文字盤を選ぶと落ち着いた印象を演出できるはずです。

カラトラバ

パテック フィリップの伝統そのものだと言っても過言ではないカラトラバ・スタイルとイエローゴールドの組み合わせ。古き良き時代の時計から引き継がれるオフィサーケースの特徴であるハンターケースとの相性は抜群です。

■Ref.5227 ■39mm ■18Kイエローゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■自動巻き(Cal.324 S C)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

ムーンフェイズ

いつの時代も女性を虜にするイエローゴールドとダイヤモンドの輝き。複雑機構の古典であるムーンフェイズが重なることでその魅力は一段と高まります。

■Ref.7121 ■33mm ■ダイヤ付き18Kイエローゴールドケース(約0.52カラット)■アリゲーターストラップ ■手巻き(Cal.215 PS LU)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

日常に溶け込む
柔らかなローズゴールド

 銅の含有量が多いローズゴールドは、古くから時計やジュエリーの世界で親しまれている素材です。他のカラーゴールドとも絶妙に調和する合わせやすさを持ちながら、製品に永遠の輝きとモダンなテイストを与えます。

 ローズゴールドの特徴のある色合いを活かしたコンプリケーテッド・ウォッチの数々は特別な一日だけでなく、オーナーの日常に彩りを与えてくれることでしょう。

永久カレンダー

パテック フィリップの“揺るぎないスタンダード”として愛され続けている永久カレンダー。色褪せることがないデザインと柔和なローズゴールドとのマリアージュは必然だと言えるでしょう。

■Ref.5327 ■39mm ■18Kローズゴールドケース ■アリゲーターストラップ■自動巻き(Cal.240 Q)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

腕元のクラスアップに
欠かせないホワイトゴールド

 ステンレススチールはもちろん、プラチナとも異なる質感を持つホワイトゴールドは、銀やパラジウムなどの白色の金属を多く含みます。

 シックなデザインで抜群の安定感を生み出す一方、カジュアルな時計に高級感を与える上でも欠かせないケース素材だと言え、色味の強いゴールドが苦手な方でも抵抗することなく着用することができます。

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム

アビエーションウォッチから着想を得たデザインをワンランク上へと導くホワイトゴールド特有の高級感は、控えめでありながら腕元に華やぎを与えてくれます。

■Ref.5524 ■42mm ■18Kホワイトゴールドケース ■カーフスキンストラップ ■自動巻き(Cal.324 S C FUS)■60m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

PART.2最上級の時計にふさわしい
プラチナの輝き

 産出量が圧倒的に少ないことで知られるプラチナは、パテック フィリップと縁が深い貴金属のひとつです。

 非常に硬いプラチナは、ジュエリーや時計で用いる際は合金にする必要がありますが、18Kホワイトゴールドと違って地金が白色系であるため、長年着用しても変色することがありません。

 プラチナケース特有の光沢や重厚感は、コンプリケーテッド・ウォッチでこそ真価を発揮します。その最高峰に立つグランド・コンプリケーションを手にすることは、時計愛好家にとっての夢であり、この上ない贅沢だと言えるでしょう。

  • Patek Philippe パテック フィリップ 永久カレンダー搭載クロノグラフ Ref.5270P
  • Patek Philippe パテック フィリップ 永久カレンダー搭載クロノグラフ Ref.5270P
  • Patek Philippe パテック フィリップ 永久カレンダー搭載クロノグラフ Ref.5270P
  • Patek Philippe パテック フィリップ 永久カレンダー搭載クロノグラフ Ref.5270P
  • Patek Philippe パテック フィリップ 永久カレンダー搭載クロノグラフ Ref.5270P

永久カレンダー搭載クロノグラフ 伝説的な名作Ref.1518から続く、パテック フィリップの永久カレンダー搭載クロノグラフの系譜。
その後継機のひとつであるRef. 5270Pが持つゴールデン・オパーリン文字盤は、
美しいラグやスクエア型のプッシャーを備えたプラチナ製ケースと見事な調和を果たしています。

■Ref.5270P ■41mm ■プラチナケース ■アリゲーターストラップ
■手巻き(Cal.CH 29‑535 PS Q)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

年次カレンダー搭載クロノグラフ

文字盤、ケース、バックルのすべてを合わせて、合計約4.68カラットのダイヤモンドをセッティングしたクロノグラフ。プラチナとの組み合わせによって、永遠の輝きが約束された至高のタイムピースです。

■Ref.5961P ■40.5mm ■ダイヤ付きプラチナケース(約3.48カラット)■アリゲーターストラップ ■自動巻き(Cal.CH 28‑520 IRM QA 24H)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

永久カレンダー搭載ミニット・リピーター

高貴なプラチナがよく似合う、グランド・コンプリケーションの最高位に立つチャイムウォッチ。オーナーだけが堪能できる唯一無二の音色、ブランドの伝統を紡ぐ永久カレンダー、職人の手仕事が息づく本黒七宝文字盤は、まさしく時計製造における贅の極みにほかなりません。

■Ref.5374P ■42mm ■プラチナケース ■アリゲーターストラップ ■自動巻き(Cal.R 27 Q)■非防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

PART.3貴金属の域まで磨き上げた
究極のステンレススチール

 昨今のオークションでの稀少モデルの驚異的な落札価格、あるいはスポーツウォッチの分野での成功からも分かるように、ステンレススチールはパテック フィリップの歴史を語る上で欠かせない金属だと言えるでしょう。

 錆びにくく、熱や酸化への耐性が強いステンレススチールは、優れた実用性から多くのブランドでケースやブレスレットの素材として使用されていますが、パテック フィリップの時計製造へ対する限りない情熱はステンレススチールが持つ可能性を何倍にも広げ、新たな価値を創出しています。

 その代表的な例が、言わずとしれた人気モデル「ノーチラス」のケース及びブレスレットの製作でしょう。約55にも及ぶ工程の手仕上げは、ステンレススチールに新たな息吹を与え、貴金属にも負けない輝きを与えます。ここで培われた技術は後続に続くメンズ&レディスウォッチの開発で遺憾なく発揮されています。

カラトラバ・ウィークリー・カレンダー

2019年のバーゼルワールドでの登場から、有用なコンプリケーションとして早くも認知された「カラトラバ・ウィークリー・カレンダー」。カラトラバ・スタイルにフィットする40mm径のスレンレススチール製ケースがこれ以上ない鮮度を与えています。

■Ref.5212A ■40mm ■ステンレススチール ■カーフスキンストラップ ■自動巻き(Cal.26-330 S C J SE)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

Twenty~4 オートマチック

1999年に発表されたレディスコレクション「Twenty~4®」の最新モデル。自動巻きキャリバーを搭載したブルー・ソレイユ文字盤のラウンドモデルは、現代生活のあらゆるシーンにマッチするエレガンスを宿し、ステンレススチールの魅力を最大化することに成功しています。

■Ref.7300/1200A ■36mm ■ダイヤ付きステンレススチールケース&ブレスレット(約0.77カラット)■自動巻き(Cal.324 S C)■30m防水 ■価格はお問い合わせください

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:00~20:00
休業日/年中無休(1月1日~1月3日を除く)

Back Number

バックナンバー