• TOP
  • 連載コラム
  • 高級時計を巡る旅 第64回:注目作が目白押しのウブロ 2021年新作ウォッチ

 2021年も例年以上に魅力的な新作を発表しているウブロ(HUBLOT)。
トゥールビヨンに代表される複雑機構や革新的なマテリアルを採用したメンズコレクションはもちろんだが、
一方で卓越したダイヤモンドセッティングや独自のデザインセンスが冴える
レディスコレクションもまた、注目すべき新作が充実している。
そうした魅力的な新作の中からお互いが気に入ったモデルを選びつつ、
パートナーと一緒にウブロの時計を身に付けて出かけてみるのもいいかもしれない。

Photos: Masahiro Okamura(CROSSOVER) / Art Direction: Takaaki Yagi(FORM::PROCESS) / Text: Yuzo Takeishi / Edit: Tsuneyuki Tokano
※こちらの特集は、時計専門サイト「Gressive(グレッシブ)」での連載コラム『YOSHIDAで体験する、高級時計への旅』の記事を再編集したものです。

ウブロのニューアイコン
「ビッグ・バン インテグラル」

 数あるメンズコレクションの中でも、今最も注目すべきモデルが「ビッグ・バン インテグラル」。2020年に「ビッグ・バン」初となるブレスレット統合型ケースを採用したモデルで、近年のトレンドでもあるラグジュアリースポーツウォッチの雰囲気も漂わせつつ、ケースとブレスレットの表面仕上げに統一感を持たせたウブロらしい細やかなクリエイティビティにより、均整の取れたルックスが楽しめる時計だ。

 「ビッグ・バン インテグラル」はデビュー2年目にしてすでに多くのバリエーションを生み出しているが、なかでも幅広いシーンで着用できる2021年のレコメンドモデルが、日本限定の「ビッグ・バン インテグラル チタニウム ホワイト」。チタニウムケースを採用した旗艦モデルをベースにホワイトダイアルを組み合わせたことで、「ビッグ・バン インテグラル」のスポーティールックにさらなる軽快感をプラス。オープンワークのダイアルもほどよいアクセントとなり、パートナーとともにリゾートに出かけるときはもちろん、街中で日常的に使うにも最高の1本に仕上がっている。

  • HUBLOT ウブロ ビッグ・バン インテグラル チタニウム ホワイト 451.NE.2010.NX.JPN
  • HUBLOT ウブロ ビッグ・バン インテグラル チタニウム ホワイト 451.NE.2010.NX.JPN
  • HUBLOT ウブロ ビッグ・バン インテグラル チタニウム ホワイト 451.NE.2010.NX.JPN
  • HUBLOT ウブロ ビッグ・バン インテグラル チタニウム ホワイト 451.NE.2010.NX.JPN

ビッグ・バン インテグラル
チタニウム ホワイト
■451.NE.2010.NX.JPN ■42mm ■チタニウムケース ■チタニウムブレスレット
■HUB1280自動巻きクロノグラフ(自社開発・製造"UNICO") ■10気圧(100m)防水 ■日本限定 ■¥2,563,000(税込)

商品詳細はこちら

ブラックセラミックが
存在感を示す
YOSHIDAスペシャル

 もっと落ち着いた佇まいの時計を身に付けたいのであれば、注目すべきはYOSHIDAスペシャルだろう。ウブロとYOSHIDAとの強い信頼関係によって作り上げられる数々の限定モデルは、その名が示すとおり、スペシャルな仕様やマテリアル使いによって独創的なルックスを生み出し、それを手にする人々に確かな満足感を与えてくれる。そんなスペシャルモデルの2021年新作に選ばれたのが、ウブロを代表するコレクションのひとつ「クラシック・フュージョン」だ。

 「クラシック・フュージョン ブラックセラミック」「クラシック・フュージョン トゥールビヨン ブラックセラミック」ともに、ケースには艶やかな質感を持つブラックセラミックを採用。さらに、ベゼルにはマットな質感のブラックセラミックを、ダイアルにはブラックラッカー仕上げを施すことで各パーツにコントラストを生み出し、立体的な佇まいに仕上げている。また、「クラシック・フュージョン トゥールビヨン ブラックセラミック」は6時位置のトゥールビヨンに加え、9時位置にはパワーリザーブインジケーターを配して時計そのものの存在感を強めているが、一方の「クラシック・フュージョン ブラックセラミック」もダイアルの6時位置にバゲットカットのダイヤモンドを施し、YOSHIDAスペシャルに相応しいクールなタイムピースとなっている。

クラシック・フュージョン
ブラックセラミック

■511.CM.1470.RX.MYOS ■45mm ■ブラックセラミックケース ■ブラックラバーストラップ ■HUB1112自動巻き ■5気圧(50m)防水 ■YOSHIDAスペシャル 限定88本 ■¥1,606,000(税込)

商品詳細はこちら

クラシック・フュージョン トゥールビヨン
ブラックセラミック

■505.CM.1470.RX.MYOS ■45mm ■ブラックセラミックケース ■ブラックラバーストラップ ■手巻きトゥールビヨン ■3気圧(30m)防水 ■YOSHIDAスペシャル 限定18本 ■¥9,493,000(税込)

商品詳細はこちら

手首の表情に
拡がりを持たせられる
「ビッグ・バン ワンクリック」

 ウブロのレディスモデルは華やかななかにも力強さがあり、女性の手首に確かな存在感を与えてくれる。2021年の新作もそうした時計が多く、その中でも彼女たちの手首にフィットする33mmの小ぶりなケースに、繊細な煌めきとインパクトのある表情を持たせているのが「ビッグ・バン ワンクリック」だ。

 ブラックまたはホワイトのダイアル&ストラップを組み合わせたスチールモデルは、ベゼルに36個のダイヤモンドをセット。とりわけケースとダイアルがシンプルなデザインであるだけに、ダイヤモンドの輝きが一層際立っている。そしてこのモデルで特筆なのが、手軽にストラップを交換できる独自のワンクリックシステムだ。豊富なバリエーションが用意されたストラップのなかから、その日の気分やスタイルに合わせて付け替えられ、女性の手首にさまざまな表情を与えてくれる。パートナーとともにウブロの時計を着けていても、確実に人目を惹きつけてくれることだろう。

ビッグ・バン ワンクリック
スチール ダイヤモンド

■485.SX.1170.RX.1204 ■33mm ■スチールケース ■ブラックラバーストラップ ■HUB1120自動巻き ■10気圧(100m)防水 ■¥1,463,000(税込)

商品詳細はこちら

ビッグ・バン ワンクリック
スチール ホワイト ダイヤモンド

■485.SE.2010.RW.1204 ■33mm ■スチールケース ■ホワイトラバーストラップ ■HUB1120自動巻き ■10気圧(100m)防水 ■¥1,463,000(税込)

商品詳細はこちら

女性の手首に
エレガンスを添える
ベージュカラーの
柔和なルックス

 タイムレスで上品。身に付けると柔らかな雰囲気を放つベージュ。ウブロは2021年、このカラーを用いたエレガントなタイムピースを発表した。それが、日本限定の「ビッグ・バン ベージュ ダイヤモンド」と「スピリット オブ ビッグ・バン ベージュセラミック チタニウム ダイヤモンド」の2モデルだ。

「ビッグ・バン ベージュ ダイヤモンド」はダイアル、両サイドのベゼルラグ、ストラップにそれぞれ質感の違うベージュカラーを採用して微妙なコントラストを生み出しているのみならず、ベゼルにダイヤモンドをセットすることで洗練された雰囲気を放つ1本。

 一方の「スピリット オブ ビッグ・バン ベージュセラミック チタニウム ダイヤモンド」は、革新的マテリアルを次々に生み出すウブロのクリエイションが冴えるモデル。サンレイ仕上げのベージュダイアルやダイヤモンドをセットしたベゼルなどのデザインは「ビッグ・バン ベージュ ダイヤモンド」と同様だが、こちらはケースにベージュセラミックを採用し、より柔らかな雰囲気を持った時計に仕上がっている。

 いずれのモデルも、YOSHIDAで実物を手に取って確かめてみれば、間違いなくそのクオリティやデザインセンスに魅了されるはず。そして、店頭でパートナーと一緒に最良の1本を選べば、ウブロの時計を着けて出掛けるふたりの時間が、いつだって特別なものになるはずだ。

ビッグ・バン
ベージュ ダイヤモンド

■361.SX.892B.LR.1204.JPN ■38mm ■スチールケース ■ベージュアリゲーター×ホワイトラバーストラップ ■クォーツ ■10気圧(100m)防水 ■日本限定 ■¥1,386,000(税込)

商品詳細はこちら

スピリット オブ ビッグ・バン
ベージュセラミック チタニウム ダイヤモンド

■665.CZ.891B.LR.1204 ■39mm ■ベージュセラミックケース ■ベージュアリゲーター×ホワイトラバーストラップ ■HUB1710自動巻き ■10気圧(100m)防水 ■¥2,321,000(税込)

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:00~20:00
休業日/年中無休(1月1日~1月3日を除く)

Back Number

バックナンバー