• TOP
  • 連載コラム
  • 高級時計を巡る旅 第57回:オーデマ ピゲが提案するコンビケースの新しいコードとは?

Column UP DATE: 2021. 05. 31

連載 高級時計を巡る旅

第57回:オーデマ ピゲが提案する
コンビケースの新しいコードとは?

#オーデマ ピゲ #CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ #クロノグラフ

 2019年のデビュー以来、好調なセールスを重ね、「ロイヤル オーク」と並ぶ
オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)の主力コレクションへと成長を続ける「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」。
 2021年の新作では、独特のケース構造を利用し異素材(ブラックセラミック)とのコンビネーションで新たな魅力を作り出した。

Photos: Masahiro Okamura(CROSSOVER) / Art Direction: Takaaki Yagi (FORM::PROCESS) / Text: Tetsuo Shinoda / Edit: Tsuneyuki Tokano
※こちらの特集は、時計専門サイト「Gressive(グレッシブ)」での連載コラム『YOSHIDAで体験する、高級時計への旅』の記事を再編集したものです。

かつてない組み合わせの
コンビケースの提案が新しい

 普通の時計と高級時計はどこが違うのだろうか?オーデマ ピゲの場合はケースの立体感の表現力が図抜けている。

 例えば、「ロイヤル オーク」の場合は、ケースは薄いがキレのある平面で構成することで力強さを演出し、エッジの斜面にはポリッシュ仕上げを施すことでメリハリのあるケースに仕上げている。こういった手間のかかるディテールこそが高級時計たる所以であり、時計を眺めるだけでも嬉しくなるし、満足感がいつまでも続くのだ。

 「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の場合は、ラウンドケースの間に8角形のミドルケースを挟み込んでおり、特に立体感を強く意識したコレクションである。このミドルケースはケースとして組み込む前に仕上げをするため、細部までポリッシュ&サテンで磨き分けることができる。だから時計を傾けた時にキラッと光る。そこが嬉しいのだ。

 このケース構造をさらに魅力的にするのが、昨年デビューした“コンビケース”だ。ミドルケースをピンクゴールドにすることで、正面から見ると端正なドレスウォッチなのにサイドから見ると個性派という、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の面白さをさらに引き出した。またコンビケースは派手だという印象があるが、この組み合わせ方なら悪目立ちせずに手元で遊べるということもあって、かなりの人気となっている。

革新性が感じられるセラミック製のミドルケース。

 このコンビケースが、今年、新たな進化を遂げた。ホワイトゴールド、あるいはピンクゴールドのケースに挟んだのは、なんとブラックセラミック製のミドルケースだった。中央をヘアラインに、斜面をポリッシュで磨く手法はゴールドケースと同じだが、セラミック特有の光沢感によって、精悍で締まった印象になっている。

 高級時計にセラミックを使用する例は珍しくないが、たいていの場合は耐傷性能を利用してベゼルに用いるか、もしくは独特の光沢感を楽しむためにケースやブレスレットに使用するのがセオリーだ。

 しかし「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」では、立体感の演出にブラックセラミックを用いた。これは素材のコンビネーションを活かした新しいデザイン手法となることだろう。

より端正な表情に仕上げた新しいダイヤルに注目。

 また新しいコンビケースに合わせて、ダイヤル装飾も変更。12時位置から6時位置へと縦方向にブラッシュ仕上げを行っており、現代的なルックスになっている。そしてストラップは、ブラックラバーコーティングを施したテキスタイル調のストラップを組み合わせてカジュアルな雰囲気になっているのもポイント。つまり、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の世界を広げてくれる時計に仕上がったのだ。

  • audemarspiguet オーデマ ピゲ CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ 26393NB.OO.A002KB.01
  • audemarspiguet オーデマ ピゲ CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ 26393NB.OO.A002KB.01
  • audemarspiguet オーデマ ピゲ CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ 26393NB.OO.A002KB.01
  • audemarspiguet オーデマ ピゲ CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ 26393NB.OO.A002KB.01

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
クロノグラフ
ホワイトゴールドとブラックセラミックで、モノトーンにシックな雰囲気に。

■26393NB.OO.A002KB.01 ■41mm ■18Kホワイトゴールド×ブラックセラミックケース
■ラバーストラップ ■自動巻き ■30m防水 ■¥4,950,000(税込)

商品詳細はこちら

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ

ゴールド×ブラックの組み合わせは、かなり色気がある。

■26393NR.OO.A002KB.01 ■41mm ■18Kピンクゴールド×ブラックセラミックケース ■ラバーストラップ ■自動巻き ■30m防水 ■¥4,950,000(税込)

商品詳細はこちら

Recommend Item

腕元を彩るCODE 11.59
バイ オーデマ ピゲ
クロノグラフ 5選

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
クロノグラフ

スモークグレー×ホワイトゴールドの配色は腕元に華やぎを与えてくれる。

■26393CR.OO.A002CR.01 ■41mm ■18Kホワイトゴールド×18Kピンクゴールドケース ■ブラックアリゲーターストラップ ■自動巻き ■30m防水 ■¥5,225,000(税込)

商品詳細はこちら

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
クロノグラフ

サンバースト模様を施したグレーラッカーのダイヤルを採用したシックな1本。

■26393CR.OO.A009CR.01 ■41mm ■18Kホワイトゴールド×18Kピンクゴールドケース ■グレーアリゲーターストラップ ■自動巻き ■30m防水 ■¥5,225,000(税込)

商品詳細はこちら

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
クロノグラフ

他ではまず見られないバーガンディを採用した個性的なクロノグラフ。

■26393BC.OO.A068CR.01 ■41mm ■18Kホワイトゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■自動巻き ■30m防水 ■¥5,225,000(税込)

商品詳細はこちら

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
クロノグラフ

深いブルーとピンクゴールドのコンビネーションが美しい。

■26393OR.OO.A028CR.01 ■41mm ■18Kピンクゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■自動巻き ■30m防水 ■¥5,225,000(税込)

商品詳細はこちら

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
クロノグラフ

艶感ありきで選ぶならパープルダイヤルが一押し。

■26393OR.OO.A616CR.01 ■41mm ■18Kピンクゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■自動巻き ■30m防水 ■¥5,225,000(税込)

商品詳細はこちら

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter

YOSHIDA 東京本店
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5 Google Map
電話/03-3377-5401 電話/03-3377-5401
営業時間/10:00~20:00
休業日/年中無休(1月1日~1月3日を除く)

Back Number

バックナンバー